産地

オオクワガタの代表的な産地

北海道・東北地方

北海道には、札幌から渡島半島にかけての南部に広く分布していると言われています。

東北地方6県では、すべての県から採集が記録されているとのこと。低標高からブナ林見られる東北地方では、オオクワガタは、ブナ林を主な生息地としていると言われています。
岩手県や福島県東部などの太平洋側には採集の記録がなく、空白地帯となっているそうです。

採集記録地

札幌市、檜山支庁、渡島支庁以上、北海道。

青森県上北郡、秋田県仙北郡、岩手県肝沢郡、宮城県玉造郡、山形県最上郡、東田川郡、西置賜郡、米沢市、福島県南会津郡ほか。

個体の特徴

寒冷地に住んでいる影響で特大の個体の発見例は少ない。70mm前後の♂であればこの地方の最大級クラスと言われている。大アゴのスラリと伸びた、細めの個体が多い。

※参考文献:BE-KUWA No.8 日本のオオクワガタ大特集!!

関東地方

関東地方6県では、群馬県での採集記録がないそうだが、棲息していることは間違いないといわれている。
関東地方の北部に位置する栃木県北部では、福島県南部の南会津郡と地続きのブナ帯で採集されているそうです。
茨城県では昔から採集記録が多く(意外!)、千葉県や埼玉県でもまだまだ新産地が見つかる可能性があるそうです。
東京では、かつて我家の近隣の用賀や井の頭公園での採集記録があるそうで、その時代にタイムスリップしてみたいものです。

採集記録地

栃木県塩谷郡、茨城県那珂郡、水戸市、土浦市、つくば市、千葉県印旛郡、東金市、市原市、埼玉県秩父郡、東京都世田谷区、目黒区、三鷹市、神奈川県横浜市、平塚市、鎌倉市、三浦郡、横須賀市ほか。

個体の特徴

関東地方のオオクワガタにはこれといった特徴はないといわれている。私自身も飼育経験がなく、印象が薄い。

※参考文献:BE-KUWA No.8 日本のオオクワガタ大特集!!

中部地方

中部地方9県では、石川県と静岡県で採集記録が残っていないそうだ。
新潟県には、採集記録が多く、県下に広く分布しているようだ。
富山県と福井県にも分布しているようなので間にある石川県にも分布しているのは確実と言われている。
長野県と岐阜県でも点々と記録地があるが、東北地方と違ってブナ帯に集中しているわけではないそうだ。
山梨県の甲府盆地は、関西の能勢地方とならぶオオクワガタのメッカであり、昔は個体数が豊富だったそうだ(羨ましい!)。
愛知県では市街地でも採集が記録されている。

採集記録地

新潟県北蒲原郡、新発田市、長岡市、柏崎市、北魚沼郡、長野県北安曇郡、南安曇郡、長野市、須坂市、松本市、富山県下新川郡、福井県福井市、勝山市、大野市、愛知県犬山市、小牧市、瀬戸市、名古屋市、海部郡、山梨県甲府市、北巨魔郡、韮崎市東大和郡、三重県桑名郡、三重郡、上野市、松阪市ほか。

個体の特徴

山梨県産のオオクワガタは、細めで大アゴがスラリと伸び、東日本のオオクワガタの代表といわれている。

※参考文献:BE-KUWA No.8 日本のオオクワガタ大特集!!

山梨県

山梨県は、東日本のオオクワガタの産地のメッカと言っても過言はないでしょうか。私も初めてオオクワガタを飼ったのも山梨の韮崎市穂坂町産の個体でした。関東平野と中央アルプスの中間に位置し、勝沼などでは、ぶどうをはじめ果樹の栽培で有名な県です。中央に東京から長野に通じる中央自動車道が横断し、アルプスに向けた丘陵地帯がつらなります。

古くはあの武田信玄の時代から盛んとなった炭作りや椎茸栽培が実は、オオクワガタの宝庫となった理由の1つとも考えられています言われています。この地方のクヌギは、何度も何度も枝が伐採された結果、太い幹には似合わず背丈が小さく、幹にウロや洞ができあがり、まるで台のような形状から通称”台場くぬぎ”と呼ばれるようになりました。この独特なクヌギが野山に多数あることから、ウロや洞を好むオオクワガタの濃い地域として昔からメジャーな産地として注目されてきました。

BE-KUWA 8号によるとオオクワガタの採集ギネスは、この山梨の日野春村にて採集された個体と言われています。76.6mmということでこのような大きな個体が生存するにはそれ相当の大きな棲み処(=樹洞)必要になります。それだけ、この地域は、オオクワガタの生育に適した地域だということです。

位地/地勢(旧地名で表記)

yamanashi

韮崎市

山梨といったら韮崎産と言われるくらいメジャーな産地です。さらに韮崎市の中でも韮崎町と穂坂町が産地として有名です。余談ですが、サッカーで世界で活躍する中田英俊選手も韮崎市出身です。母校の韮崎高校は、進学校としても有名です。

穂坂町

韮崎市の大半を占める穂坂町は、もっともオオクワガタの濃い地域だと言われています。通常韮崎産というと大半がこの地域の個体かと思われます。昔は養蚕が盛んだったそうですが、現在では、ぶどう、さくらんぼ、桃などの果樹が主な農産物のようです。

韮崎町

市名と同じ町名である韮崎町は、中央高速のそばの小さなエリアとなります。韮崎産のオオクワガタというと大半が穂坂町産であり、この産地の個体は希少性が高いと思います。

北杜市

最近流行の市町村合併により、2004年11月に明野村、須玉町、高根町、長坂町、大泉村、白州町、武川村が合併して誕生した市です。更に、2006年の3月には小淵沢町も編入されました。大泉や小淵沢は清里で有名な八ヶ岳高原となり、韮崎市の隣の明野村とは高低差の大きな市となっています。

明野村

茅ケ岳の山麓に位置する明野村は、日照量が日本で一番で、ひまわりの咲き誇る村として知られています。例年7月末から8月末まで、明野サンフラワーフェスティバルが開催されます。フラワーフェスティバルのメイン会場側のハイジの村は、平成18年4月1日に山梨県フラワーセンターがリニューアルオープンして生まれ変わりました。一年中綺麗な花が咲き乱れています。また明野村の特産品である「浅尾ダイコン」を活用した村おこしとして浅尾だいこん祭りが開催されています。

〔おすすめ〕

長坂町

長坂町内にある日野春では、今から20年ほど前にオオクワガタの採集ギネスとなる76.6mmの個体が採集されたそうです。最近では、オオクワガタのことは聞きませんが、日本の国蝶に指定されているオオムラサキの生体を紹介している北杜市オオムラサキセンターはお薦めです。八ヶ岳高原に位置する北杜市長坂町は全国一のオオムラサキの生息地だそうです。

〔おすすめ〕

白州町

南アルプスの甲斐駒ヶ岳の麓にあり、名水がでることで有名です。サントリーのウイスキー工場は、見学コースとして楽しめる場所です。

〔おすすめ〕

甲斐市

こちらも市町村合併により、2004年9月1日、中巨摩郡竜王町、敷島町、北巨摩郡双葉町が合併して誕生した市です。

敷島町

敷島町の最北部には、茅ヶ岳が位置します。山頂からは奥秩父山系にはじまり八ヶ岳、南アルプス鳳凰三山、白根三山、赤石山系、さらに富士山へと連なる大パノラマが展開されます。天神森から仙娥滝(せんがたき)までの約4kmにわたり、荒川の源流に広がる御岳昇仙峡は、まさに日本一の渓谷美。昭和28年に、国の特別名勝に指定され、全国観光地百選・渓谷の部第1位にも選ばれたそうです。この昇仙峡に向かう敷島町の一角には、頭幅の大きい個体が採取できるというウワサがあります。通称”ダンビロ”と呼ばれ、スラリとした山梨産の中ではガッシリとした体躯が魅力的な個体群です。

〔おすすめ〕

近畿地方

北近畿地方の7県では、すべての県からオオクワガタの採集が記録されているそうです。
その中でも大阪府の北部から兵庫県東部の一帯は、東の山梨県甲府盆地と並ぶオオクワガタのメッカであり、日本のオオクワガタブームの発祥の地とも言われています。

採集記録地

大阪府豊能郡、箕面市、茨城市、河内長野市、兵庫県川辺郡、川西市、京都府亀岡市、京都市、船井郡、滋賀県大津市、高島郡、奈良県奈良市、和歌山県和歌山市、海南市ほか。

個体の特徴

近畿地方のオオクワガタは、東日本のものと比べると、体がやや太めで大アゴも太いと言われていますが、西日本のオオクワガタ全体に言える特徴だそうです。

※参考文献:BE-KUWA No.8 日本のオオクワガタ大特集!!

四国地方

香川県の綾歌郡一帯は、1990年代後半から有名になったオオクワガタの新産地であり、近年では採集者も全国から訪れているそうです。
また、徳島県と高知県では、採集記録はないとのことですが、温暖な気候でもあり、分布していると言われています。

採集記録地

香川県綾歌郡、愛媛県松山市ほか。

個体の特徴

大きな個体変異は見られないが、他の西日本の個体同様大型化するといわれています。

※参考文献:BE-KUWA No.8 日本のオオクワガタ大特集!!

中国地方

中国地方では、岡山県産のオオクワガタがオオクワガタブームの初期から有名です。美形コンテストでもかつて入賞した個体がありました。
近年では広島産も聞くようになりましたが、島根県や鳥取県、山口県産はあまり聞いたことがありません。

採集記録地

岡山県津山市、岡山市、倉敷市、山口県小野田市ほか。

個体の特徴

西日本の個体特有の大型なものが多いと想像される。

※参考文献:BE-KUWA No.8 日本のオオクワガタ大特集!!

九州地方

九州地方の7県では、すべての県からオオクワガタの採集記録があるそうです。
とりわけ福岡県西部と佐賀県東部の県境の筑後川流域一帯は、山梨県韮崎市、大阪府能勢に続く3番目の有名産地とまで言われています。
長崎県では対馬にも分布しており、唯一の離島の産地として注目されています。
大分県や熊本県、宮崎県にも点々と採集記録があるそうですが、まだまだ新産地が見つかるのでは?と言われています。
鹿児島県では、本州最南端の佐多岬付近にまでオオクワガタが分布しているそうです。

採集記録地

福岡県久留米市、三潴郡、筑後市、柳川市、佐賀県神埼郡、三養基郡、熊本県菊地郡、大分県宇佐市、佐伯市、宮崎県西諸県郡、北諸県郡、長崎県大村市、諫早市、対馬、鹿児島県肝属郡ほか。

個体の特徴

日本の中で最も温暖な地域でもあり、大型の個体が多く、むし社のギネスコンテストでも初代ギネス(宮崎県)と2代目ギネス(佐賀県)はいずれも九州産でした。

※参考文献:BE-KUWA No.8 日本のオオクワガタ大特集!!