Filial generation

Dshibaです。
累代表記で使われるFは、Filial generation(子世代)の略だという。幼虫で採集された個体をF0と考え、F0の羽化個体を掛け合わせた個体F1と表記しています。
先日正室F1♀42mmを産卵セットした山梨県韮崎市穂坂町産のF1♂70mmには、同じF1の♀40mmの側室がおり、この一週間ハネムーンでしたが、いよいよコチラも産卵セットに投入することに。

可愛らしい新妻です。

一方、コチラは今季新たに加わった野生個体。幼虫で採集され羽化したF1個体とらなります。
♂64mmとの別れを惜しむ♀41mm也。ハネムーン中の食欲は、旺盛でしたよ。

コチラは、別の♂64mmとハネムーン中だった♀40mmです。

コチラも食欲旺盛でしたよ!

野生個体は、普通のホダ木に投入していたのですが、この2個体には贅沢にカワラ材の産卵木に投入してみました!
気に入ってくれると良いのですが…
(つづく)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする