産卵セット その1

Dshibaです。
産卵セットは、毎年組んでいるのですが、色々と試行錯誤をしています。2回にわけて、通常の産卵木と菌糸材の場合のセットを紹介したいと思います。
まず、通常のホダ木を利用した産卵セットです。最近ではなかなか良質で太めの産卵材が手に入らなくなってきています。このぐらいの太さで250円/本ぐらいでしょうか。マットは、たまたま発酵マットが欠品で未発酵の広葉樹のマットを活用します。

飼育容器の中サイズで加水します。およそ半日~1日でプカプカ浮いていたホダ木も沈みます。

このホダ木のエキスの滲み出た水を先ほどの未発酵マットの袋にそのまま投入します。

加水を終えたホダ木は、新聞紙の上に並べて日陰で水切りをします。

ホダ木エキスの溶液を投入したマットは、コバエなどが混入しないように蓋をします。

ホダ木を干している間、オイルヒーターなど、暖房機のそばで発酵を促します。

ホダ木の樹皮は、パン切り包丁で削ぎ落とします。

小ケースの底にマットを敷き詰め、その上にホダ木を入れます。

埋め込みマットで埋め込みます。ホダ木の周りは適度に押し固めながら詰めていきます。

上部もマットかけて、最後は、転倒防止で樹皮を入れます。

セットが完成しました。暫く寝かせていよいよペアリング済みの♀を投入します。

(つづく)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする