神様が造った鋳造物(後編)

Dshibaです。
小学生の頃は、かぶちゃんの蛹は、夜店などでよく見ましたが、クワガタの蛹は、図鑑の中の存在でしたね。
オオクワガタ自身も挿絵でしか見たことがなく、その蛹は大人になってから拝むことに。
この♂の蛹は、山梨県韮崎市産のF1個体です。身体の大部分は乳白色でかぶちゃんの強烈なオレンジ色とは異なり、優しい印象です。

既に眼の部分は黒っぽくなっていますが身体全体が形造られるにはもう暫く掛かりそうです。

横から見るとその複雑な体躯もわかりやすく。

一方、こちらは、同じく山梨県韮崎市産のF1個体の♀です。可愛らしいですね。

まだ羽化まで時間がかかりそうですが、人工蛹室で観察していきます。

♀には、ちょっと広すぎる部屋ですね(笑)

♂の頭部はかなり立派に見えますが、実際羽化するとまあまあの大きさだと思います。

どんな個体が羽化してくるやら。

(つづく)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする