産卵セットしました‼️

最終更新日

Comments: 0

Dshibaです。
ペアリングをスタートして早2週間。仕事が忙しくてちょっと間が空いてしまいましたが、ハネムーンにしては十分な期間であったことでしょう。
ここ数年産卵セットは、カワラ材とカワラブロックをご覧のように中ケースにセットするのが我が家のルーティンになっております。もちろんポピュラーなクヌギのホダ木でも良いのですが、産卵確率を考えるとこの組み合わせになってしまいます。

埋め込みマットに天然水を混ぜているところ。水道水でももちろん良いですが、こだわりの天然水はおまじないのようなものです。

中ケースの底に1〜2センチほど押しかためてマットを敷いてからカワラ材とブロックをセットします。

セットを完了した様子。カワラ材を二本使用しても良いのですが、ブロックを活用すると割り出しが楽になりますのでハーフ&ハーフがポピュラーとなります。”多品種少量生産”を狙うのであれば小ケースとなりますが、この時にはカワラ材を1本使うことになります。ブロックだけでは産卵しないことが過去にありました。

表面には転倒防止を兼ねてカワラ材の樹皮を被せます。

さて、今年のブリードセットはいかがでしょうか?新妻達に気に入ってもらえると良いのですが。
(つづく)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする