血統紹介(山梨県韮崎市韮崎町)

最終更新日

Comments: 0

Dshibaです。
東のオオクワガタの産地といえば山梨県韮崎市周辺が有名です。山梨県の甲府盆地は、関西の能勢地方とならぶオオクワガタのメッカであり、その昔は個体数がかなり豊富だったそうです。
本日ご紹介する血統は、個体数の多い韮崎市穂坂町産ではなく、韮崎市韮崎町産の累代個体です。
採集時期は、2011年1月に懇意にしていただいている静岡県の採集家の方がクヌギの異なる倒木から3令幼虫で採集したペア♂61mm♀38mmをルーツとします。
韮崎産の特徴がよく出たスタイリッシュな個体です。累代を重ねることでどのようなフォルムに進化するのか楽しみです。
【山梨県韮崎市韮崎町2016年型】
♂体長75.0mm 頭幅26.0mm

(つづく)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする