血統紹介(佐賀県神埼郡神崎町)

最終更新日

Comments: 0

 Dshibaです。
我が家のオオクワッチたちは、ただ今冬眠中ですが、来月の今頃にはブリードもスタートしているでしょう。そこで暫し、我が家のブリード個体の産地を紹介したいと思っております。
まずトップバッターは、看板個体でもある佐賀県神埼郡神埼町(現神埼市神埼町)の個体群です。
福岡県西部と佐賀県東部の県境の筑後川流域一帯は、山梨県韮崎市、大阪府能勢に続く3番目の有名産地とまで言われています。
この個体のルーツは古く、懇意にしていただいていた福岡県在住のI氏が、平成12年6月に樹液採集した♂55.5mmと同年11月に材採集した♀43.5mmをルーツとする血統で我が家の看板血統となります。
血統名は、”あこがれの神埼”と命名してます。この想いは、吉野ヶ里遺跡の近隣のとあるポイントで採集された貴重な野生個体をルーツとしていることにも由来します。
むし社の美形オオクワガタコンテストに入賞したこともあります。
 むし社主催 第11回美形オオクワガタ・コンテスト入賞個体
その後、第6回美形オオクワガタコンテストでワンツーフィニッシュを飾ったRSS血統を花嫁に迎え、ブリードを重ねたのが現在の血統です。
【あこがれの神崎 2017年型】
♂トリプルセブン(体長77.7mm 頭幅27.3mm)
バランスの良い個体です。この仔は、今春の種親候補ですね。

(つづく)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする