居食いの謎☆彡

最終更新日

Comments: 0

Dshibaです。
あっという間に初秋のような気候ですね。先日まであんなに暑かったのがウソのようです。
さて、この時期のクワッチのお世話と言うと成虫のエサ交換に加え、第一回目の菌糸ビン交換がピークを迎えます。今年は、7月~9月に割出しを行いましたので今がピーク!(◎_◎;)
何十本も交換していると菌糸ビンの表面はそんなに劣化しておらず食痕も出ていないのに、いざ掘り始めるとボコッと大きな穴が出現する場合があります。
ちょうどこんな感じ。

これ、いわゆる居食いと言われる状態で、大抵の場合、大物が潜んでいるケースが多いです。
この仔も御多分にもれず、初回交換から30gを超えて来ました( ´ ▽ ` )ノ
佐賀県神埼産の30g個体

全ての個体をこの居食い状態にする事が出来たら…きっとブリードの成績も劇的に向上するでしょうに(^O^)/
現実は、そうも行かず、鍬道を究めるにはもう少し時間が掛かりそうです。
(つづく)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする