クワッチ総選挙 その1(岐阜県海津市海津町産)

最終更新日

Comments: 0

Dshibaです。
我が家の総選挙は、オオクワッチの種親選び☆彡
今日から5回連載で選ばれた5ペアを紹介します。
まず、トップバッターは、岐阜県海津市海津町産のF1個体です。
この個体の故郷は、いわゆる輪中地帯です。
輪中(わじゅう)とは岐阜県南部と三重県北部、愛知県西部の木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)とその支流域に存在した堤防で囲まれた構造あるいはその集落のこと。大河の流域という意味では筑後川流域産と共通点が多いです。
この血統(kaiW674500000000)の種親は、懇意にしていただいている静岡県の採集家の方が材割にて採集した個体となります。♂は、平成20年9月27日午後15:00頃にエノキの倒木より2令で採集された個体で、翌平成21年7月末に羽化しています。♀は、♂と同日の午前11:00頃にヤナギの立ち枯れから2令で採集された個体であり、やはり翌平成21年7月末に羽化しています。♂、♀ともに採集木がクヌギやブナでないところが興味深いです。
どの個体も頭幅があり、佐賀県産や福岡県産にも負けない迫力!(◎_◎;)
《kaiW674500000000系統(種親♂67.0mm♀45.0mm)》
■kaiW674500000000-030F1 ♂体長76.5mm頭幅26.3mm

なんとなく厳つい筑後川流域産の雰囲気が漂っているのは気のせいでしょうか?

フィアンセはこちら。
■kaiW674500000000-006F1 ♀体長49.4mm頭幅14.0mm

ディンプルもなく素晴らしい美肌の持ち主☆彡

初対面のふたり♡相性は如何に⁈

仲良くハネムーンスタートです。

(つづく)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする