想い出のホテル復活”ザ・キャピタルホテル東急”その2

最終更新日

Comments: 0

Dshibaです。
さて、今日も2010年10月22日にリニューアルオープンした”ザ・キャピタルホテル東急”についてレポート。
この地、星が丘は、かの北大路魯山人が主宰する「星岡茶寮」があった場所としても有名でリニューアル前からレストランは充実していました。その中でもコーヒーハウス「オリガミ」は、「パーコー麺」などの多くの名物料理で知られていました。 ウィキペディアによると松任谷由実や山口いずみ、そしてジャイアント馬場は「アップルパンケーキ」、加賀まりこは「インドネシア風フライドライス」のファンだったそうです。
実は、生前のジャイアント馬場さんには、披露宴の打ち合わせにホテルに行った折に何度かお見かけしました。ラウンジでコーヒーを飲む姿は、遠目にはミニチュアのカップをすするようであったのですが、そばに行くとなんと普通のコーヒーカップ(笑)。馬場さんのジャイアントぶりを改めて感じた瞬間でした。
本当は、ランチやディナーの様子をご紹介したかったところですが、今回は下見ということでラウンジ「ORIGAMI」の様子を簡単にご紹介したいと思います。
昨日も紹介したロビー。大きな草月流師範による迎え花の奥にオールデイダイニング「ORIGAMI」とラウンジ「ORIGAMI」の入り口があります。
capital-4
懐かしいロゴ。洗練されて蘇った。
capital-5
案内された席は、奥のオールデイダイニングの方。でも、喫茶もOK。窓越しに見える風景も素敵。以前鴨が飛来する池があったのですが、そのイメージを踏襲した演出です。
ところで、皆さん、下の写真の左手奥の建物は何だかわかりますか???
capital-7
実は、首相官邸です。菅総理大臣がいるところです。如何に日本の中枢に近い場所かお判りいただけるかと思います。
個人的には、このお店で四季折々に開催されるフェアが好きでしたね。春にはストロベリー、秋にはクリを使ったスイーツが充実していました。今日は、その”くりくりフェスティバル”を開催していることを期待していったのですが、残念ながらやっていませんでした。
しかたなく、ごくノーマルにいちごのショートケーキとコーヒーをいただきました。
capital-6
これはこれで美味しかったですよ。留守番している子供たちの為にこれまた名物のバナナブレッド(800円)を買って帰りました。これはお勧めです。ヘタなケーキを買うより風味もあり美味しいです。
(おわり)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする