祝!第92回全国高校野球選手権大会

最終更新日

Comments: 0

Dshibaです。
暑さも折り返し地点に来たのか今日は気温は高かったけど湿度が低く、すごしやすい一日でしたね。
そして今日からいよいよ甲子園がはじまりました。
小学生の頃は、朝練のあと正座して汗をだらだらかきながらテレビに釘付けでした。一応、夢見る時期もあったのですが、怪我をしたこともあり、野球は中学で辞めました。同世代は、あの早稲田実業の荒木大輔投手(現ヤクルトスワローズコーチ)や明大中野の武田一浩投手(現NHK解説者)。中学時代には、武田投手と練習時代をしたことが良い想いでです。
そんな関係でしばらく離れている時期もありましたが、クワちゃんと同じで(笑)オジサンになると夏の甲子園が待ち遠しくなるようになりました。
今日は、初日ということもあり、久しぶりに開会式を見ました。4万人の観衆の中であれだけ立派な選手宣誓ができるなんて、羨ましいかぎりです。
第一試合は、九州学院(熊本)-松本工(長野)の一戦は、14-1の大差。松本工の柿田投手には、少し期待していたのですが、開会式後の第一戦ということ持ち味を出し切れなかったようで残念でした。
第二試合は、智弁和歌山(和歌山)-成田(千葉)の一戦。これは、初日というか、一回戦屈指の好カードでした。成田の中川投手は、先輩であるロッテ唐川投手の投球フォームを真似ているだけあって流れるような投球フォームでした。結果は、2-1で成田の勝ち!中川投手の奪三振ショー!智弁和歌山相手の14奪三振は驚異的。
第三試合は、八戸工大一(青森)-英明(香川)。ここ数年、青森県は青森山田と光星学院(ジャイアンツの坂本母校)の2強時代が長くつづいていたが、久々に八戸工大一が登場。一方、英明は香川県から初出場。最後は、8-4で八戸工大一(青森)が突き放したが、途中4-0から4-4の同点に追いつく好ゲームでした。
明日は、朝から4試合。オオクワッチの話と合わせてコメントしたいと思います。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする