2007/5/16こんにちは赤ちゃん

最終更新日

Comments: 0

週末には、今年度最初の割出を何と5ペア予定しています。
例年5末から7末ぐらいまで毎週末に2ペアづつ割出してきたのですが今年は産卵時期を早めにセットし、集中して採卵するように計画しています。
その中でも期待の血統の上阿古谷産F0ペア(kakW7543-01♂75mm♀43mm)の動向が気がかりでした。
と、いうのもこのペア、同じ材から同じタイミングで採集されていながら、♂75mmが2年1化で羽化したため、1年前に羽化した♀43mmは丸1年彼氏を待たなければなりませんでした。
無事産卵してくれるか、それともスカで終わるのか?種親が種親だけにとても気になっていました。本日、恐る恐るコバシャを注意深く観察すると...
 いましたいました!!
菌糸ブロックと容器の側面の間に丸食痕が見え、オレンジ色の初令幼虫の頭部が顔を覗かせていました(パチパチ)。
何頭生まれているのかは、週末のお楽しみですが、まずは子孫が採れそうで安堵しました。
もう1ペア、こちらはダメもとでセットした神埼産F3ペア(kanW55432233-02♂77.7mm♀48.9mm)のコバシャからも初令の幼虫が確認できました!!実は、このペアは昨年2度も産卵セットしておきながらスカの連発だったこともあり、2年越しの産卵でやっと子孫が採れたことになり、二重の喜びとなりました。
投入する菌糸ビンRTN800Tも準備万端で、いまから週末が楽しみになってきました!!
今日の一枚:ブロックから顔を覗かせる上阿古谷産初令幼虫。
上阿古産卵

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする