栽培

クワカブ飼育の副産物の紹介です。

クヌギ

玉川上水で拾ってきたクヌギのどんぐりを2003年に蒔いたところ、芽が出てきました。2004年5月にはそれらしい葉っぱも伸びて来ました。目指せ!台場クヌギ!?

2004年の夏にはご覧のように子供の背丈ほど大きくなりました。

2005年4月3日の様子です。未だ落ち葉が付いたままですが、枝先には芽が出てきています。

2005年4月24日の様子です。たった数週間でご覧のように若葉が生い茂りました。幹はまだまだクヌギとはイメージが異なります。

こちらは裏庭のコナラ(2番目)とクヌギ(3番目)です。葉っぱの形が異なるでしょ!?

しいたけ

裏庭でかぶちゃんの飼育場に置いてあるホダ木からしいたけが出てきました。網焼きにして醤油をつけて食べたら美味でしたよ!

5/1に暖かくなってきましたのでまさかと思いましたが、ゼリーをしいたけに挟んでおきました。翌日見ると、ホラ、しっかりとコクワがついているではありませんか!?実は昨秋、この場に数匹のコクワを逃がしていました。庭で越冬して暖かくなってきたのでゼリーの美味しい匂いにつられて出てきたようです。地中ではカブちゃんがもりもり菌糸カスを食べていることでしょう。

きのこ

菌糸ビンは大変温度と光に敏感です。下記はRTNとMGの菌糸ビンから花咲いた!?オオヒラタケです。妖艶とした美しさに思わず写真に撮っちゃいました!

好きな方は、バターソテーにして召し上がるそうです。確かにスーパーで売っていたひらたけもこんな感じでした。ウチでは、ママさんのお許しが出ず、未だに食していません。

ひまわり

ひまわりは夏の花だと思っていたのですが....ベランダでマットを詰めていると真冬(2005年1月)だというのに小さなひまわりが咲いていました。確かに夏に娘が植木鉢で育てていたのですが、その種がカブチャンを育てていたひょうたんI池にこぼれて咲いたようです。

因みにこのひまわりは、今日現在(2005年2月12日)も咲き続けています。低温のせいか、なかなか枯れません。

とうもろこし

冬のひまわりを堪能したひょうたん池でとうもろこしを栽培することにしました。土は勿論カブちゃんを飼育していたものをベースに園芸用の土を混ぜ合わせました。

実は、このベランダは初夏になると大変日差しが強くなります。トウモロコシにはもってこいですが、昨夏のカブちゃん飼育は全滅でした。表面上の土は園芸用の土になっていますが、底の方はカブトの亡霊(息子談)だらけでとてもここで育ったトウモロコシは食べたくないとの息子をはじめ、家族のみんなが言っております。

Cat

物置の資材置き場に猫ちゃんが入り込んでいました。寒い日が続きますので少しは暖が取れたでしょう。イタズラ猫ではなかったのでマットのビニールとかを破られずにすみました。