飼育アーカイブ 2012年

2011年は、国産オオクワガタを中心に産卵セットの数だけで9産地*、17セットを組み、452頭の幼虫を採取しました。このアーカイブではその中でもお気に入りの個体を中心に紹介しています。

※9産地:香川県綾歌郡綾上町、山梨県明野村、福島県南会津郡南会津町、岐阜県海津市海津町、山梨県韮崎市穂坂町、兵庫県川辺群猪名川町上阿古谷、佐賀県神埼市神埼町、佐賀県三養基郡北茂安町、大阪府豊能郡能勢町

aizW564000000000系統(種親 ♂56.0mm ♀40.0mm)

福島県南会津郡南会津町のF1個体を紹介したいと思います。
オオクワガタの幼虫は、関東以西ではクヌギの立ち枯れが主な採集場所となりますが、関東以北や長野など寒冷地ではブナの立ち枯れから採集されるようです。ブナ帯は、台場クヌギとは異なる光景のようですね。

この血統(aizW564000000000)の種親は、懇意にしていただいている静岡県の採集家の方が材割にて採集した個体となります。♂は、平成22年5月に採集された個体で、同年7月19日に羽化しています。♀は、♂と同時に採集された兄弟であり、8月11日に羽化した個体です。

aizW564000000000-041F1 ♂体長75.2mm 頭幅25.6mm

aizW564000000000-009F1 ♀体長50.2mm 頭幅14.0mm

akeW704411111100系統(種親 ♂73.8mm ♀47.4mm)

山梨県明野村のF4個体を紹介したいと思います。
この血統(akeW704411111100)のルーツは、懇意にしていただいている静岡県の採集家の方が採集した個体となります。♂は、平成14年12月に北巨摩郡明野村で採集された個体で、羽化までに2年を要しています(2年1化)。♀は、♂と同時に採集された兄弟です。この血統の愛称は、"ひまわり"です。日本一の日照量を誇る明野村の象徴である夏の花”ひまわり”にちなみ命名(^O^)/

今年度の羽化個体からは、超美男子と豊満な女子が誕生しましたよ♪

akeW704411111100-010F4 ♂体長75.2mm 頭幅26.2mm

akeW704411111100-022F4 ♀体長52.8mm 頭幅14.8mm

この娘は、幼虫時の最大体重は、なんと19gもありました。

aya443011111112系統(種親 ♂80.1mm ♀51.6mm)

香川県綾歌郡綾上町産のF5個体を紹介したいと思います。
そう、通称”讃岐の巨人”血統です。この血統(aya4430)、美形コンテストに入賞歴のある香川のブリーダーの方から譲っていただいた個体(2003/6採集の♂44mm ♀30mmがルーツ)からの累代です。♂はスラリとした長身のスタイルが特徴ですよ♪

aya443011111112-013F5 ♂体長81.8mm 頭幅27.1mm

aya443011111112-033F5 ♂体長80.4mm 頭幅27.0mm

hskW714311110000系統(種親 ♂74.6mm ♀49.2mm)

山梨県韮崎市穂坂町産のF3個体を紹介したいと思います。
山梨県韮崎市といえば、サッカーの中田(英)の故郷(韮崎高校出身)であり、東日本のオオクワガタのメッカ☆彡芽ヶ岳につづく丘陵地帯にぶどう畑の合間の台場クヌギにオオクワッチが生息しています。

この血統(hskW714311110000)のルーツは、懇意にしていただいている静岡県の採集家の方が採集した個体となります。♂71mmは、平成14年12月に採集された個体で、平成16年6月12日に羽化しています。♀は、♂と同地域で平成16年10月に採集された個体であり、翌平成17年6月16日に羽化しています。ルーツとなった♂71mmは、複数の♀との間に子孫を残しましたが、現在保有している血統は今回紹介する個体のみです。

hskW714311110000-007F3 ♂体長73.0mm 頭幅25.0mm

kaiW674500000000系統(種親 ♂67.0mm ♀45.0mm)

岐阜県海津市海津町産のF1個体を紹介したいと思います。
この個体の故郷は、いわゆる輪中地帯です。輪中(わじゅう)とは岐阜県南部と三重県北部、愛知県西部の木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)とその支流域に存在した堤防で囲まれた構造あるいはその集落のこと。大河の流域という意味では筑後川流域産と共通点が多いです。

この血統(kaiW674500000000)の種親は、懇意にしていただいている静岡県の採集家の方が採集した個体となります。♂は、平成20年9月に採集された個体で、翌平成21年7月末に羽化しています。♀は、やはり翌平成21年7月末に羽化しています。どの個体も頭幅があり、佐賀県産や福岡県産にも負けない迫力!(◎_◎;)
大変力強く、私の手のひらも傷だらけになりました(>_<)

この血統の愛称も未だ未定です。岐阜県は、私にとって未知の産地となります。

kaiW674500000000-001F1 ♂体長75.4mm 頭幅25.4mm

kaiW674500000000-030F1 ♂体長76.5mm 頭幅26.3mm

kanC774900000000系統(種親 ♂77.7mm ♀49.8mm)

佐賀県神埼市神埼町産のアウトライン個体を紹介したいと思います。
佐賀県といえば、西日本のオオクワガタのメッカ(^^)重厚な個体が多く、人気の産地です。現在は、もう殆ど野生個体は採集できないと言われています。

この血統(kanC774900000000)のルーツは、懇意にしていただいている福岡県の採集家の方が樹液にて採集した個体となります。平成12年6月に樹液採集した♂55.5mmと同年11月に材採集した♀43.5mmをルーツとする当方看板血統です。ご紹介する個体の種親♂77.7mmは、第11回美形オオクワガタ・コンテストでむし社の藤田社長賞をいただいた個体です。メスは、同じく美形コン入賞個体のRSS血統です☆彡

kanC774900000000-025CBF1 ♂体長78.2mm 頭幅27.0mm

kanW554311111113系統(種親 ♂77.7mm ♀49.5mm)

佐賀県神埼市神埼町産のインラインF5個体を紹介したいと思います。
佐賀県といえば、西日本のオオクワガタのメッカ☆彡
重厚な個体が多く、人気の産地です。現在は、もう殆ど野生個体は採集できないと言われています。

この血統(kanW554311111113)のルーツは、懇意にしていただいている福岡県の採集家の方が樹液にて採集した個体となります。平成12年6月に樹液採集した♂55.5mmと同年11月に材採集した♀43.5mmをルーツとする当方看板血統です。ご紹介する個体の種親♂77.7mmは、第11回美形オオクワガタ・コンテストでむし社の藤田社長賞をいただいた個体です☆彡

kanW554311111113-010F5 ♂体長75.7mm 頭幅25.8mm