晩夏のクワ部屋

Dshibaです。
恐らく人生始まって以来の猛暑の夏も一段落。
クワ馬鹿諸氏の心配事は、実は停電だったのでは。
我が家も仕事中に落雷などで停電したらこの猛暑では、クワッチたちも全滅の危機!?と考えていました。
あの3.11のあった2011年にもし計画停電地域に指定されたならブリードは諦めていたことでしょう。
一段落したクワ部屋は、今年採卵した個体の菌糸瓶が整然と並んでいます。この光景、単なる自己満足の世界ではありますが、整理整頓(5S)が家庭内でこの特殊な趣味を認めてもらう最善の施策であると感じております(笑)

6月末に投入した個体は、そろそろ菌糸瓶の交換サインが(汗)引っ張れるだけ引っ張って3ヶ月目となる月末に交換するようにしよう。

こちらは新成虫のみなさん。全ての個体のデータをクワガタ管理ソフトに投入しましたよ。いよいよ後食も始まり、餌交換が忙しくなります。

これからの秋の夜長を利用して新成虫の観察や1回目の菌糸瓶の交換を楽しみたいと思います。
(つづく)

Dshiba

子供の頃のオオクワガタは図鑑の中の幻の存在。大人になってその飼育が現実のものに。オオクワガタのブリードの世界極めたい! IT企業でマーケティングを担当する好奇心旺盛で人間大好きな2児のパパ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする