次世代へのバトン

Dshibaです。
季節外れの巨大なオオクワッチの幼虫と思いきや、これ実は今夏孵化したかぶちゃんの幼虫なのです。既に33gもあり、今からこんなに大きくなってしまってどうするのという感じ(笑)

種親は、レッドザクのような80mmを超える赤カブ。コイツはグイーンと伸びた角が本当に魅力的な個体でした。残念ながら既にあの世にいっています。

来年に向けてどんなブレンドで餌を配合しましょうかね?
オオクワッチの廃菌糸を土に返す、エコシステムの一環とはいえ、これだけカッコいい個体が出てくると少し飼育にもこだわりたくなります。
(つづく)

Dshiba

子供の頃のオオクワガタは図鑑の中の幻の存在。大人になってその飼育が現実のものに。オオクワガタのブリードの世界極めたい! IT企業でマーケティングを担当する好奇心旺盛で人間大好きな2児のパパ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする