小学校時代の想い出

小学校時代の想い出 1

虫カゴで買ってもらったカブトムシの成虫を飼うことしか知らなかった少年が新たな楽しみ方を覚えていきます。

カブちゃん腐葉土では育たず

幼稚園の頃は、成虫でしか、カブトムシを飼ったことがありませんでした。

小学校2年の5月頃に商店街のペットショップでカブちゃんの幼虫を売っているのを見つけました。母親にせがんで一匹の3令幼虫を買ってもらいました。

飼育方法が良く分からず、大きなおせんべいが入っていた缶に腐葉土とともに入れて飼育を開始しました。当時はどのような腐葉土が良いかも判らず、園芸店で買ってきたものを入れたのですが、幼虫は一向に大きくならず日に日に小さくなっていってしまいました。

お店の人に“蛹になるよ”といわれていたのにとうとう幼虫のまま死なせてしまいました。大変残念で悔しい想いをした記憶があります。

今、思えばこの腐葉土は農薬つきだったのか樹種が合わなかったのではないかと考えています。

ノコギリ軍団襲来

その年の夏の夜のことです。

当時は戦後に建てた古い家だったので網戸も金網でした。夜8時過ぎにおじいちゃんとテレビで野球を見ていると網戸に何やら虫がついているのが見えました。慌てて近寄ってみると大きなノコギリクワガタが4匹(♂2匹、♀2匹)もついているではありませんか!

急いで外に回り夢中で両手で捕まえました。

当時、家に出入りしていた大工さんからおがくずをもらい水槽で飼育を開始しました。大きな湾曲した角がとてもカッコ良く、威嚇して振り回す様にその夏は心酔してしまいました。

ところで都心(東京都世田谷区)の住宅街になぜ、4匹ものノコギリクワガタがいたのでしょうか?近年まで近所で飼育していたものが脱走したものと思っていましたが、違う可能性もあるのでは?と最近思い始めています。

仮説1
当時、庭には椎茸のほだ木が何本かあり、園芸好きの祖母が椎茸を栽培していた。何らかの理由でこのほだ木に産卵されていたノコギリクワガタが羽化したものが、飛来した。
仮説2
これは最近、1999年の月間むし11月号のオオクワガタ特集号の小島啓史さんの記事を読んでいて閃いた仮説です。その投稿では各地のヒラタクワガタのことが書かれており、なんと私の自宅のすぐ側の国の施設で60mmを超える立派な本土ヒラタが1998年に採集されたというものでした。
確かにその場所は今でこそ改築され樹木が整備されてしまいましたが幾つか木(恐らくコナラ?)があったような気がします。我が家に飛来してもおかしくない距離でそこから飛来したのでは?と最近考えるようになりました。

今となっては、推測するしか検証する手立てはありませんが、思いを巡らすのもまた楽しいものです。

小学校時代の想い出 2

小学校3年にあがる時にその後のクワカブ人生を変えるようなことが起きました。

父の仕事の関係で大阪府柏原市に転校となりました。柏原市は、大阪平野の南東部、大阪府と奈良県との府県境に位置しています。奈良盆地の諸流を集めた大和川が、金剛・生駒山地を横断して大阪平野に流れ出る付近に、その街並みを形成したようです。

市域の3分の2を山が占め、中央部を大和川が流れています。大阪の都心からわずか20kmほどの距離にありながら、緑の山々と美しい渓谷、豊かな川の流れなど、多彩な自然環境を備えた、とても暮らしやすい市でした。

山麓にはブドウ畑が多く、夏から秋にかけてはブドウ狩りが盛んに行われています。また、このブドウからできたワインは、柏原地ワインとして知られています。昔は河内木綿が有名でした。最近までゆかた生地の生産が行われており全国シェアの約25%を占めていましたが現在は、減少しているそうです。

今思えば山梨の甲府盆地のような場所だったのかなと思います。ここでの4年間は、昆虫採集と野球、そして工作と勉強そっちのけで毎日を過ごしました。

社宅の前の雑木林

父の会社の社宅は宅地造成が始まったばかりの山間にありました。

社宅の前にしょぼい雑木林があり、“きっとあそこにクワガタがいるに違いない!”と春の頃から思っていました。

初夏のある夕方、意を決して一人で藪の中に入って行きました。太目のくぬぎの木があり、その根元の落ち葉を掻き分けると黒い小さなクワガタが出てきました!慌ててわしづかみにしてみると確かにかわいい角がついています。

今まで見てきたミヤマクワガタやノコギリクワガタに比べるととてもかわいらしいのですが、初めて林で採ったクワガタで駆け足で戻り地元に子に見せました。

その子は河内弁で“お、もうゲンジとったんか!”と言いました。この地方ではクワガタのことを“ゲンジ”と呼ぶことがその後わかりました。家の図鑑で調べるとどうやらコクワガタという種類だということがわかりました。
初めてのDorcus属との出会いです。

それ以来、毎朝と毎夕の雑木林詣でが始まりました。

小学校時代の想い出 3

夜店

夏休み前になると柏原市の国分本町という旧市街に夜店が出ていました。

そこでは、カブちゃんの蛹が大量に売られていました。勿論、蛹室は壊され、平らなおがくずの上に並べられていました。恐らく近隣の山や雑木林で採取したのでしょう。あの売り方では、養殖でなかったと推測しています。

少ないお小遣いを握り締め、カブちゃんの蛹を買いました。どのようにしたら羽化するのか判らないまま、売られていたように水槽に横たえていましたが、案の定、羽化が上手くいきませんでした。横たえてあった関係から羽が伸びきらずかわいそうなことをしてしまいました。

当時は、学研の図鑑など、限られた情報源しかありませんでしたので、素人には飼育は容易ではありませんでした。

私にとっての羽化不全初体験でした。

カブちゃん初ゲット

学校は柏原市立玉手山小学校といい、たしか関西最古の遊園地(玉手山遊園地、現在の玉手山公園)の横にある新設校でした。社宅から小学校までは一山(玉手山)を超えていかなければならず、毎日が遠足のようでした。

柏原市は古墳が沢山あり、横穴式古墳は洞窟のようで探検好きの小学生には格好の遊び場所でした。小学校の下校途中、道路から脇にそれたくぬぎ林で日中にもかかわらずカナブンと一緒に樹液を吸う大型の甲虫を発見しました。慌てて捕まえるとかわいい角を持った♂のカブちゃんでした。

実は、ゲンジ(クワガタ)は初ゲットのあとで何匹か捕まえていたのですがカブちゃんは初めてでした。

本土ヒラタ初ゲット

1年も経つとひ弱な都会っ子も地元の子に混じって野山を駆け巡るようになりました。

捕まえる“ゲンジ”はコクワばかりで捕まえると近鉄バファローズの野球帽の内側にいれていました。マムシがいるとか蚊に刺されるとか言う人もいましたが、長ズボンや長袖で林にはいる奴はダサイと蚊にくわれながらも藪漕ぎをしていました。

ある時、町のペットショップで巨大な黒いクワガタが売られていました。当時の金額で1000円の値札がついており、店のおばさんによると東条町(ひがんじょ)で採れたヒラタとのことでした。今思えば小プラケースに入っていたのですが60mmは超える大物だったと思います。その時の衝撃から未だにヒラタは私にとって大切なクワガタとなっています。

4年生になった6月頃、雨の下校途中で気になる木を発見しました。崖っぷちのくぬぎの木の大人の背の高さほどのところに樹洞が見えたのです。すべる木をよじ登りながらランドセルに忍ばせておいたピンセットを片手に覗き込むとコクワとちょっと違った角が見えました。

“ヒラタや!”

と喜び勇んで雨の降りしきる中、数十分格闘しました。コクワと違って足の踏ん張りが強く、なかなか出てこなかったのですが、格闘の末、出てきたのは40mm代の♂の本土ヒラタでした。

結局、大阪生活4年間でゲットできたヒラタは残念ながらこの1匹だけでした。後に知ったのですが、ヒラタはこの日のような湿気の多い日によく採れるようです。

ストレート初ゲット

柏原市では、実はノコギリクワガタは全くお目にかかれませんでした。

しかし、4年間で一度だけ小歯型のノコギリクワガタをゲットしました。この地方の方言で少歯型のノコギリクワガタを“ストレート”と呼び、大歯型のノコギリクワガタをスイギュウ(水牛に角が似ている)と呼んでいました。

玉手山遊園地のある山間の南斜面にある小さなくぬぎについているところを捕まえました。実は、ストレートではもうひとつEpisodeがあって、友達が11月下旬に下校途中に樹液を吸うストレートをゲットしています。こんな季節にも採れるんだと感動したことを覚えています。

小学校時代の想い出 4

小学校の3年生(1973年)から6年生(1977年)まで、大阪府柏原市旭ヶ丘という町に住んでいました。

おくやま

自転車で遠征する距離に通称“おくやま”という山がありました。

中学生のお兄さんとしか行けないような山で頂上付近に大きな池があり、えびが採れたのを覚えています。ここでは、平地で見られないミヤマクワガタが取れるとか、カブちゃんの蛹が山ほど採れるとか噂が沢山ありました。

このような山に夜間灯火採集に来れば山ほど採れたのでしょうが、結局ゲットすることはありませんでした。正直、ウチの父は昆虫とかにはまるで関心がなくて夜に採集にいくとかは非現実的でした。

コクワ越冬、正月遊び

小学校時代の年間サイクルは、勉強そっちのけで(笑)、初夏から夏はゲンジ(クワガタ)採りやザリガニ釣り、秋からはカマキリ採りで、冬から春は工作とプラモデルやラジコンというサイクルでした。

夏の間に採ったコクワガタは、冬眠するとの話を聞いていたので4年生の秋からマットを沢山入れて冬眠させました。途中で落ちていく(死んでいく)個体もいましたが、大半は越冬をして、毎年お正月にはコタツ上でコクワガタを起こしてレースをした想い出があります。

よく読んだ書籍

当時、私の母は子供たちの関心があることに関する書籍を積極的に購入してくれました。

クワガタクワジ物語(偕成社文庫)/中島みち/偕成社/2002年8月出版/700円(税別)

私が読んだ時は筑摩書房で出版されたものでしたが最近、リバイバルで出版されたようです。

コクワガタの三兄弟(実際は違うが)のクワイチ、クワジ、クワゾウを飼う少年とそれを見守るお母さんの物語です。実はこの本を通してクワガタが越冬することを知りました。

子供たちに読ませたいクワ本No.1です。

カブトムシ 昆虫飼育日記/荻野昭/学習研究社/1984年6月出版

東京都立多摩動物園の荻野さんの本です。昆虫館でのカブちゃんの累代飼育や冬の羽化実験など、小学生にはちょっと難しい内容でしたが今、読み返してみるととても面白い先駆的な本でした。

オオクワガタ

小学生の頃、学研の図鑑でオオクワガタの存在を知りました。

“桜の木やミズナラを好み、樹洞に潜む”と書いてあり、下校途中の桜の木を良く覗き込みましたがもちろん、その影すら見つけられませんでした。風の便りで“おくやま”で採れたとか聞きましたが現物を見ることはありませんでした。

もちろん、桜の木では採れません(正確には成虫は)。幼虫は、クヌギと同じ広葉樹ということでカワラタケなどで適度に朽ちた樹であれば♀が産卵する可能性はあります。実際、採取されたという話を聞いたこともあります。